熊野市ボランティアセンター

 地域福祉の重要な役割を果たす”ボランティア活動”を支援します。

◆配置
 ボランティアコーディネーター 1名(地域福祉事業と兼務)

◆基本業務
 「こんなボランティアがあったら」、「何かボランティアをしたい」そんな相談を受け付け、地域課題と共に考え
コーディネートします。
 ボランティアセンターに登録していただいた方には登録証を発行しています。

◆安心して活動するために
 災害現場でも必須事項となっている「ボランティア保険」の手続き事務を行います。市内の活動であれば、年間掛金のうち200円を補助しています。
 掛金、補償内容、その他詳細についてはコチラをご覧ください。  

◆養成、育成
 福祉への理解を深め、ボランティア活動のきっかけづくりに講座を開催しています。
 【主な講座】 初級手話講座、傾聴ボランティア養成講座、ふれあい給食体験(小学生)、ボランティアスクール(小学生)、その他

◆情報発信
 県内外から発信される助成情報や、広報誌「いな」(福祉くまのP4)で市内の活動などの情報をお知らせします。

◆災害ボランティアセンター
 災害が起こった際に臨時で開設し、災害からの復興ボランティアのコーディネートを行います。
 (平成23年9月に起こった台風12号被害では、約1か月間まちの復興のために活動しました)

◆その他
 三重県ボランティアセンターとの情報交換や、各種研修に出席し、コーディネーターの資質を向上させています。